バンクーバー キャリア カレッジで    ホスピタリティーを学ぶ淑里さんからの体験談!

カナダで生活を始めて1年ほど経ちました。今は専門学校(Vancouver Career College)に通っていてHospitalityDiplomaを取得する予定です。クラスは50%ほどがCanadianで残りの半分が、基本アジア人です。(日本、韓国、フィリピンなど)授業は午前中だけですが、毎日宿題があり、週末にはたっぷりのアサインメントがあり学校が終わってたまに図書館に行って友達と課題をしたりします。

入学当初は英語100%の環境に身をおくことに緊張して答えがわかってても英語の文法を間違えたりしたらどうしようという不安から無口でいましたが、慣れるとブレイクの時間に友達と何気ないことを笑って話したり先生のつまらな~いジョークも通じるようになり、楽しんでいます。何よりも自分が将来なりたい分野の勉強をしてるので、それが一番勉強の糧になっているのだと思います。

クラスの先生も生徒一人ひとりに気を配り、時には一人の先生としてある時には一人の社会人として、将来社会に出るわたしたちへアドバイスをしてくれます。それほど大きな学校ではないのでレセプシォンの人も一人ひとりの顔を覚えていて毎朝挨拶を交わすほどです。

この学校に至った経緯は、日本でオペレーションオーバーシーズさんの留学エージェントを知り、そちらに伺い何度も相談をしているうちにカナダのバンクーバーに留学が決まり、そこから色々と詳しい学校のお話も聞き、色々と悩んだ結果今のこの学校に在籍しています。 

今は一人暮らしをしていますが、一番最初にカナダに下見に来たときに2週間ほど、去年本格的に留学生活を始めて3ヶ月ホームステイのお宅でお世話になりました。最初に来たときは短大在籍中で英語もほとんど触れていなく、ホストファミリーと会話をするのも大変でした。それでも英語が好きな気持ちと、他国の人とコミュニケーションをとれるのが嬉しい気持ちでいっぱいでした。ホームステイをしているときは毎日3食ご飯を用意してくれ、その日あった出来事を夕食の時間にみんなで話し合ったり、時にはフルーツ狩りをしたりして何も知らないわたしを暖かくサポートしてくれました。週末になるとホームパーティをたくさん開くので人と出会うきっかけもたくさんありました。 

カナダで生活をして約1年、国際色豊かな友達もたくさんでき、自分の生活も落ち着いてきました。最近は、午前学校に通い、午後は他のESLで受付のボランティアをしたりして自由時間を有効に使っています。以前自分が通っていたような学校で、今度は自分が生徒さんたちを受け入れる仕事をするのはなんだか不思議ですが丁寧な英語で生徒さんや先生と接すること、きちんと笑顔で挨拶をすることなどをモットーに日々頑張っています。時には先生たちとご飯を食べに行ったり、お酒のみに行ったりするのでそれも一つの楽しみになってます。

今私が住んでいるVancouverはホントに大自然に恵まれていて、ダウンタウンには海があり、そこからバス(電車)で10分行けば山が見える不思議な場所です(笑)休日にみんなが出かける場所は大体決まっているしRobsonVancouverで有名なショッピング街)を歩けば知り合いに必ず会う程です。そんなスモールワールドですがわたしの将来像をはっきりと 見据えさせてくれた大切な場所です。

また、生まれ育った日本という国を客観的に見れるようになりました。カナダに住み始めて、自分の意見をyes or noではっきり伝えることを覚え、困っている人を当たり前のように助けてあげられる姿勢を学びました。

帰国まで自分がカナダでできることを精一杯する、英語を使う機会を増やし、帰国後の就職活動に向けて準備を整えておきたいと思います。

語学を学ぶのは簡単なことではないけれど、その分気持ちが伝わったときの嬉しさは倍増です★

カナダで学んだことを日本で活かせるように、帰国ぎりぎりまで、自分が求めていた理想像に近づけるように努力していきたいです。


現在は夢だったホテルマンとしてバリバリ活躍されています。留学生のその後の活躍が嬉しいです。(*^_^*) o2スタッフ